■ あ ■
  アクリル樹脂塗料
    アクリル酸または、メタクリル酸誘導体を重合して得られる樹脂を使用して作った塗料。
耐水性、耐候性、耐薬品性が大きく、付着力も強い。溶剤型、エマルション型、水溶性
型があります。
  アルキド樹脂塗料
    多価アルコール(グリセリン、ペンタエリスリット)、多塩基酸(無水フタル酸、イソ フタル酸)と油または、脂肪酸との縮合反応(エステル化反応)によって得られた樹脂を使用して作った塗料。アルキド樹脂には多くの種類があるが、家庭用塗料に用いられ るものには、長油性アルキド樹脂(油含有量 55〜65%)、中油性アルキド樹脂(油含有量 45〜55%が広く用いられます。一般に多塩基酸として、無水フタル酸が用いられるためフタル酸樹 脂塗料とも称されます。
  アルミニウムペイント
    アルミニウム粉(リーフイングタイプ)を顔料として作ったシルバーペイント。
断熱塗料などにも用いられます。
■ い ■
  色むら
    塗膜の色が部分的に不均等なこと
  色分れ
    二種類以上の顔料を使用して作った塗料が、塗膜が乾燥するまでに顔料の分布が不均一 になり、表面と内部で色の違った状態になる現象を言います。
  隠ぺい力(とまり)
    塗膜(塗られた塗料が乾燥してできた皮膜が)が、下地の色を覆い隠す力をいいます。
  引火点
    油脂、溶剤等が加熱されたとき、引火する最低の温度をいいます。
■ う ■
  うすめ液
    塗料を薄めたり、用具を洗浄するために使う透明、揮発性の液体をいい、一般的には、 用途により以下の各種があります。
なお、水性塗料の場合には、うすめ液として水を使うのがふつうです。
ペイントうすめ液……石油系溶剤、タール系溶剤が主成分の透明、揮発性の液体で、 油性系、合成樹脂系などの塗料を希釈して、塗装に適した粘度 を与え、また、用具などを洗浄するために使われる有機溶剤
です。
酒精塗料うすめ液……酒精塗料を希釈して、塗装に適した粘度を与え、また用具など を洗浄するために用います。主成分はアルコール類です。
テレピン油……松脂、木材、木屑、松の根などを水蒸気蒸留によって得られる
透明な液体で、油性系の塗料を希釈して、塗装に適した粘度を
与えるうすめ液として使われます。高価なため現在は余り使用 されていません。
  うるし(漆)
    うるしの木の樹皮に傷をつけて採取する刺激臭をもつ油状の液を加工したものです。
生うるし、黒うるし、すきうるし、精うるしに大別される。
生うるし:採取直後の樹脂液からごみなどの異物を取り除いたもの。
黒うるし:生うるしを木がまに入れて鉄の棒でかきまぜながら38〜45℃に数時間
保持して得られる黒色のもの。
すきうるし:生うるしを精製した半透明、黄味をおびたもの。
精うるし:生うるしを精製して、あまに油や顔料を加えたもの。
  ウレタン樹脂塗料
    ウレタン結合(−O−NH)を塗膜中に形成する樹脂を用いて作った塗料。一液型、
二液型の種類がある。
家庭用としては、油変性ウレタン樹脂塗料(一液型)が多くニスとして用いられていま
す。 又、最近では二液型のニスもある。いずれも付着性、耐薬品性、耐摩耗性にすぐ れています。
  上乾き(表面乾燥)
    塗った塗料の表面だけが乾き、下層は柔らかく粘着性があって未乾燥の状態にあること。
参加重合乾燥型塗料を厚塗りした場合に起こりやすい。
  上塗り
    下地塗膜の上に、仕上げ用の塗料を塗ることです。
■ え ■
  エアゾール塗料
    耐圧缶に液化ガスと塗料を入れて密閉し、弁の開閉によってノズル孔から塗料を噴射
塗装するように作られた塗料。ボタンを押すだけで塗装できる手軽な塗料です。
  エナメル
    顔料をワニスで塗って作った不透明塗料の中で、油性ペイントや合成樹脂調合ペイント
の様な乾燥の遅い塗料に比べて乾燥が速く、膜が堅く、光沢に富むものをいいます。
例、フタル酸樹脂エナメル、ラッカーエナメル、水性エナメルなど。
単にエナメルといえばフタル酸樹脂エナメルを指す場合が多い。
  エポキシ樹脂塗料
    エピクロルヒドリンとビスフェノール類または、多価アルコールとの反応によって得ら れるエポキシ樹脂を用いて作った塗料で、塗膜は硬く、耐薬品性が大きく付着力が強い。
  エマルション塗料
    L,P,G(Liquefied Petroleum Gas)
液化石油ガスのこと。プロパン、ブタン、プロピレンなどを主成分とするガス状の
炭化水素を加圧、液化したもので、エアゾール製品の噴射剤として用いられます。
  塩化ビニル樹脂塗料
    塩化ビニル、酢酸ビニル共重合樹脂を用いて作った塗料。耐薬品性、耐水性に
優れています。
■ お ■
  黄変(ヤケ)
    塗膜の色が黄味をおびること。日光の直射、高温または暗所・高湿の環境などにあるときに現れやすい。