次のような箇所を見つけたら手遅れにならないうちに補修しましょう。
早めの対応が手間をかけずにペイントするコツですよ。


これらの補修方法についてはこれから公開していきます。